2018年8月総資産 ようやく損切貧乏から卒業か?

2018年8月末時点の総資産を報告します。

保有してるグロース株が含み益になり、ようやく損切り貧乏から卒業出来そうな気がします。

また、今月から新たに米国債券に投資することにしました。


総資産

「データをExcelに毎回入力するのが面倒になった」 + 「損益を書くと株価が気になってしまう」という理由から、今月からこの表の形式に変更します。

先月から+14万円で、今月は159万円です。

米国債券が新たに追加されていますが、理由は後述します。個別株の割合が全体の半分を占めていますが、ワンチャン狙ってるからね、仕方ないね。

日本株

株主優待株メインの日本株です。

明光ネットが下がってますが、優待廃止にならない限りどれだけ含み損になろうが売るつもりはありません。

今狙っているのは、FPG、タマホーム、すかいらーく辺りです。すかいらーくは確実かな。12月までに買えば優待券が手に入るので、来月か再来月辺りに投資予定です(お金があれば)。

米国株

グロース株メインの米国株です。債券も表示されちゃってますが一旦無視します。

先月からの変更点は、MUを損切りして、Vに新たに投資しました。小型株はボラリティが高くてすぐ損切りになってしまい嫌気が差してきたので、MAでもSQでもなく、一旦大型株のVにした次第です。チェックしてたのはMAなんですけどね。

CPRTはグングン伸びてくれてます。やっと当たりを引けた感がありますね。このまま成長し続けてくれるといいなぁ。

最近目を付けているのは、NUGT,RUSL,INDLなどのレバレッジ組、ARCC,ZMLP,YYYなどの超高配当組、MO,PM,BTIなどのたばこ組、そしてFTNT,TEAMなどのグロース組です。特にTEAMは激アツ。

投資するお金が欲しい!

米国債券

今月から新たに投資を始めた米国債券です。理由は暴落が怖いから。

なお、暴落までの間、一時的に資金を回避させている訳では無くて、これからずっと一定の割合で債券(+現金)を保有し続ける予定です。

暴落がいつ来るかわからないなら、常に対策しておけば何の問題も無いという逆転の発想。備えあれば患いなし。タイミング投資とか俺には無理ゲーなので。

債券投資については色々な意見があると思います。考えられる意見をまとめてみました。
  • 日本人なんだから現金で持っておけば良い
  • 債券は暴落のリスクヘッジに成り得ない
  • 若いのだから株式100%で良い
  • 金やREITにも分散するべき
こんなとこかな?他にもあれば教えてください。

それに対する俺の意見は、「せやな」です。どの意見も間違って無いと思います。

ただ、もしそう思うならご自分で実践なされば良い。

俺は債券がリスクヘッジに成り得ると思っているし、現金で持っておくのは、暴落が来なかった場合に勿体無いなと思っています。なので米国債券に投資することにしました。言うて利回り2.6%(税引き後は1.8%くらい?)は馬鹿に出来ないですよ。

暴落を経験した人が、「若いなら株式100%でも大丈夫やで」って言うのには説得力がありますが、本やブログで得た知識で株式100%を推している人達には疑問が残ります。俺は怖くてしゃあない。とりあえず一回暴落経験するまでは、保守的な運用にしておきます。

金やREITは、何かの本に書いてあった皆大好きなあのグラフ(過去のリターンは株が一番高かったってやつ)から、ずっと保有し続けるなら株式で良いやんと思って。一時的にNUGTを持つのは面白そうですけどね。

ちなみに、債券(+現金)の割合は、広瀬さんの記事を参考にしました。
【保存版】まったくの投資初心者に勧める手堅い「投資の始め方」 - Market Hack

広瀬さんは VT + BND の組み合わせを奨励されてますが、俺の場合は、ざっくりリスク資産 : 無リスク資産って感じで分けてます。

なので総資産をグラフ化するとこんな感じ。赤がリスク資産、青が無リスク資産ですね。
なおバンガード社から全世界債券ETFが販売されれば、そちらに切り替えるつもりです。

投信

楽天バンガードの2つを積み立てるだけの投信です。

先程も書きましたが、俺は暴落が怖いです。

なので個別株に回す分を控えめにして、投信の積立額を5000円ずつ増額することにしました。これで毎月2万円の自動積立ということになります。

自動積立なら気絶出来るので、市場が暴落したとしても続けられそうな気がしてます。してるだけなので実際はわかりませんが。

10月下旬から楽天のクレカ払いで1%のポイントが付くらしいので、実装されたら試してみる予定です。自動で200円がGET出来るなら最高やな~。

つみたてNISA

日本、米国、先進国、新興国、全世界の5つに3銘柄ずつ分散しているつみたてNISAです。

つみたてNISAも投信と同様、自動積立なので楽ですね。

先月からの変更点は、
  • つみたてNISAでも楽天VTと楽天VTIを半々にすることにした
  • 新興国と日本の投信を3本から1本に減らして、4本分を先進国の投信に変更した
  • 積み立てる銘柄を変更した
の3点です。

別記事に書くことでもないので、ここに理由を書いてしまいます。

つみたてNISAでも半々にした理由は、単純に投信と同じバランスに揃えたかったからです。なので今は、13銘柄を毎日100円積立、残りを楽天VTに3割、楽天VTIに7割、みたいな割合です。楽天VTと楽天VTIが大体同じ評価額になったら、5:5に揃えます。

新興国と日本の投信を3本から1本に減らして、先進国を新たに4本増やしたのは、先進国の銘柄の信託報酬のほうが安かったのと、新興国と日本がずっと赤字で嫌になったからです。バリュー思考の人なら逆張り上等なんでしょうが、俺には無理でしたw

積み立てる銘柄変更は、
  • 米国株式インデックス・ファンド → eMAXIS S&P500
  • 新興国3本 → EXE-i つみたて新興国 のみ
  • 日本3本 → ニッセイTOPIXインデックスファンド のみ
に切り替えました。

結局日本の投信もアクティブからパッシブに戻すっていうねw

まとめ

大まかな投資方針が決まってきました。

毎月7万円(投信:2万 + つみたてNISA:5万)を自動で積み立てつつ、残りは個別株でワンチャンを狙う。株価は月1でチェック。全体的な割合は、リスク資産 : 無リスク資産をざっくり 7:3 で。

投資を始めてもうすぐ1年になりますが、こんなざっくりした感じに落ち着くとは思いませんでした(笑)

リスク資産の内訳は、あんまり細かく決めないことにしました。株主優待も、レバレッジも、グロースも、バリューも、高配当も、何でも有り。自分の投資したいと思った銘柄に投資する。但しナンピンは絶対しない。損切りについてはまだ未定。

書いてることがコロコロ変わってしまうのは、もうしょうがないです。俺の性格みたいなところあるし。一応、「○○ということがあって、△△の考えに変わりました!」という風に理由は書いてきたつもりなので、ご理解頂けたらなと思います。

1つの戦略を一貫して続けられる人は凄いですね。Hiroさんとか、バフェット太郎さんとか、三菱さんとか。俺には絶対無理なことがわかったんで、その断固たる意志力は尊敬です。

俺はアメーバみたいな投資をしよっと。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを投稿