通勤に1時間以上掛けるのは無駄かどうかの論争こそ1番の無駄

東京に住んでいると頻繁に目にする通勤時間の論争。

通勤時間の論争を見る度に不毛だなーって思う。論争してる人達は暇なのか?それとも馬鹿なのか?

今日はそんな無駄な争いを少しでも減らすために記事を書くことにした(アンパンマンか)。



凄いけど無駄

まず俺自身の通勤時間は自転車で5分程度。歩いたら10分くらいかな?

なので1時間近く掛けて通勤してる人は凄い。俺には到底真似出来ない。反面、通勤に1時間も掛けるなんて無駄だなとも思ってるけど。

だからと言って、その人達にあーだこーだ言う気にはならない。

俺と同じことを思ってる人の中には、時間を掛けて通勤してる人たちに対して、説教臭いことを言ってる人や、マウントを取ってる人もいて、そういう人達はシンプルにヤベー奴だから、皆も関わらず無視したほうが良い。


否定派はナンセンス

ここでは説明の都合上、通勤に1時間以上掛けてる人達のことを肯定派と呼ぶことにする。

肯定派は口を揃えて、
  • 隙間時間に勉強や読書などが出来る
と言う。本音では通勤時間を短くしたいけど、それを言ってもどうにもならないから、隙間時間を有効活用するくらいしかやれることが無いのだ。でもこの主張って「電車の中じゃなくても家で出来るやん」って反論されたら完全論破されてるよね……。

対して否定派は、
  • 通勤時間が無駄
  • 満員電車が苦痛
  • 電車賃が勿体無い
  • 天候や事故などで遅延しがち
とあらゆる角度から否定し、
  • 職場の近くに引っ越せばいい
  • 転職すればいい
と軽々しく言うのだ。

そもそも肯定派の人達って、既にマイホームを建てていたり、家賃を抑えるために職場から遠い場所に住んでるんだと思うんだよ。

だから職場の近くに引っ越せばいいっていうのは、コミュ障だけど恋人が欲しいって人に対して、「ナンパしろ!合コンに行け!」って言うのと同じくらいナンセンスなアドバイス。

転職するにしても、通勤時間が無駄だから転職ってあんまり現実的じゃ無い。だって通勤時間が行きと帰りで合計2時間掛かるとしても、給料が平均以上貰えるとしたらほとんどの人が耐えられるでしょう?


肯定派は愚痴りたいだけ

引っ越しも転職も無理だとしたら、通勤時間に不満がある人達は一体どうしたいのか。俺が思うに、彼らはきっと愚痴りたいだけなんだよ。

肯定派なんて言ってみたけど、本当は皆長時間の通勤なんて嫌に決まってる。

でも通勤時間を減らそうとすると、職場の近くの高い家賃の家に住むことになるし、お金を優先すると、家賃の低い郊外に住むことになって通勤時間が長くなる。

あちらを立てればこちらが立たずな状況なわけだけど、そんなこと通勤時間に不満を持ってる人達は痛いほどわかりきってる。

わかりきった上で、それでも溜め込むのはしんどいから、Twitterやその他SNS、あるいは友人と飲んでる時なんかに「通勤時間が長くてつらいわ〜」って愚痴りたくなるんだよな。

「俺の通勤時間は10分だよ」って友達に話した時はどれだけ羨ましがられたか。

だから優しい人は「そうだな、通勤時間が長いと大変だよな。お疲れ様」って言ってあげて、優しくない人は「ふーん、そうなんだ」とでも言っておけば良いんだ。

それを「通勤に1時間以上かけてるなんて無駄だから今すぐ止めたら?」なんて言っちゃうのが否定派の人達なんだよ。

んな指摘したところで何も変わんねーから。指摘されて「確かに!俺引っ越すわ!」なんて言う奴いると思うか?


論争を見かけたら静観すべし

通勤時間に限らず、この手の論争は腐るほどある。持ち家か賃貸か、車が必要か不要か、結婚か独身か、……こんなの皆も聞き飽きたはずだ。

ぶっちゃけどっちもどっちだし、どっちが正解かなんて各々で違うんだから、そういう論争を見かけたら静観するのが一番よ。

口を出したくなっちゃうのも個人の自由なんだから、好きにすれば良いと言ってしまえばその通りなんだけど、俺は相手の意見を全否定するマンや、自分の意見が絶対正しいマン、揚げ足取りまくるマンなんかとは絶対に関わりあいたくないね……。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを投稿