COMPなどの完全食は自炊よりも圧倒的におすすめ

あなたは「完全食」を知っているだろうか?

完全食とは、生きるために必要な栄養を全て含んでいる食べ物のことだ。

人によって個人差はあるけど、それだけ食っとけば生きていけるわけ。後は水ね。

今日は自炊と比べて、完全食の方が圧倒的に優れていることが分かったので紹介しようと思う。



なぜ完全食に興味を持ったか

そもそも何故俺が完全食に興味を持ったかと言うと、食事に費やす時間が無駄だと思い始めたからだ。実際に食べる時間だけでなく、買い物や調理、片付けに掛かる時間も全て含めて。

いちいち料理するのも面倒だし、かといって外食やコンビニ弁当に頼っていたら食費が馬鹿にならないし、何か良い手段は無いかと思っていたところ、完全食の存在を知った。

モノにもよるが、一食当たり400円〜500円なので、初めは高いと思ってスルーしていたが、調理の時間なども考慮すれば、アリなのではないか?と思ったのが今回の記事のきっかけ。


完全食の種類

完全食について調べてみた結果、今現在手に入りそうな完全食は以下の4種。

COMP(コンプ)

COMPは日本で開発された完全食。ドリンクタイプ、パウダータイプ、グミタイプの三種類の完全食がある。

今回紹介する4種の中では、一番アリだと感じた。

Soylent(ソイレント)

Soylentはアメリカで開発された完全食。ドリンクタイプ、カフェインタイプ、パウダータイプの三種類の完全食がある。

COMPより前から開発されていることもあり、期待度的には一番高かったのだが、ホームページが日本語未対応だったので今回は購入を断念。

BASE PASTA(ベースパスタ)

BASE PASTAは日本で開発された完全食。その名の通りパスタタイプの完全食である。

完全食なのは麺のみで味付け用に別途ソースが必要な点、調理の手間がある点、片付けや実際に食事に時間がかかる点、などからデメリットは多いが、固形物がお腹に入るので腹持ちは良いかもしれない。

完全食を自作するWiki

完全食を自作するWikiは日本で開発された(されている?)完全食を掲載しているページ。

掲載されている完全食は、「Elixir」と「PFJ」の二種類が存在し、どちらも材料から作り方まで丁寧に解説されているので、興味のある方は一度閲覧してみると良い。

俺は自作するのが面倒であったため、今回は見送る。


個人的には前者二つが時短も出来てベスト、後者二つは調理や自作の手間があって微妙なイメージ。

とりあえずコンプとベースパスタのお試しトライアルセットを注文したので、届き次第レビュー予定。 → 届いたのでレビュー記事を公開。



自炊と完全食を比較

今の自炊生活から完全食に切り替えた場合、どうなるのかを簡単に計算してみた。

COMPを一食500円と仮定して一日三食食べる計算だと、月の食費は4万5000円となる。

現在の食費が自炊していて月2万円程度。買い物+調理+片付けにかかる時間を平均して一日30分とする。俺の時給がおよそ1500円程度なので、買い物などだけで月に2万2500円かかっている。更に実際に食事する時間が10分かかると考えると、250円(10分)× 3回(一日三食)× 30日 でこちらも2万2500円となる。

と考えると、COMPなどの完全食に切り替えた場合、月4万5000円しかかからないのに対し、自炊の方は節約を意識しているのにも関わらず、月6万5000円という結果になる。

自炊をすれば料理と洗い物のスキルが身につくというメリットがあるが、完全食に切り替えれば1日1時間の空き時間が出来る(買い物などの30分+食事の10分×3回の30分)。俺としては後者の方が断然魅力的だと感じる。

栄養の面から見ても、俺は自炊で米ともやしと納豆と卵ばかり食べているので、完全食に切り替えたほうが栄養バランスは良い。

金額、時間、栄養、全ての面において完全食の方が優れているように見えるのは俺だけだろうか?


まとめ

料理するのが好き、色んな食べ物を食べたい、完全食のみだと飽きてしまう、そんな人達には完全食は薦められない。

しかし、もはや食事は作業である、食べられれば何でも良い、時間を有効に使いたい、買い物、調理、片付けがダルい、みたいな考えの人は、一度完全食を試してみてはいかがだろうか?

にしても完全食って響きがカッコいいな。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを投稿