過ちを認める行為は恥ずべきことでは無い

ブログをやる上で一番の参考になるのは、やはり他のブログだ。

投資ネタの記事が全体の約半分を占める俺としては、特に投資ブロガーの記事は勉強になる点が多い。
※投資について勉強するなら、ブロガーの記事を読むのは時間の無駄!という意見についてはまた別のお話し

その中でもここ最近は、暴落について言及をされている記事を見かける。



暴落の印象

暴落への印象は各々違うようで、ここから買い増していく人もいれば、まだまだ底ではないと判断しキャッシュを貯める人もいるし、暴落なんて気にせずいつも通り投資し続ける人だっている。

こんなのは暴落じゃなくてただの調整だ!なんていう強者も中にはいる。ただ今回は暴落かどうかの議論をするつもりはなく、暴落であるという前提で話を進める。

それぞれの考え方なんて違って当たり前だし、各々の考察や予想を読んで「なるほど、そういう考え方もあるか」と思うこともある。人の投資法を見て真似するわけでもないので、予想が外れたとしてもぶっちゃけ俺個人的にはどうでもいい。

たださ、それを書いた張本人がだよ?

「何を書くかなんて本人の自由!」
「どうなるか知ったこっちゃねぇ!」
「俺はそんなこと言ってねぇ!」

なんて言っちゃうのはどうなのよ。


自分で自分のミスを許す?

「適当なこと言いやがって!」とか、「嘘つき!謝れ!」なんて言うつもりはサラサラ無い。コロコロ自分の意見が変わる俺が「自分の発言に責任を持て!」なんて口が裂けても言えない。

しかしだ。

自分で自分のミスを許すのはおかしくねぇか?

暴落の予想なんてプロのアナリストだって外してるんだから、「外しちゃったー、適当言ってすまんな!」ってたった一言言うだけじゃん。

もしくは、別に失敗してない、ミスを認めたくないってんなら、成功する or 資産が尽きるまで自分を信じ続ければ良いだけ。

なんで意見をコロコロ変えておきながら、それを指摘したら逆切れすんのさ。


過ちを認める

特定の銘柄が上がった時=注目が高い時は、持ち上げる記事を書いてpvを稼いでさ、pvを稼ぎ終わって用無しになった=暴落したら、後はポイって無かったことにすんのかい?

それを指摘したら、個人の自由、発言の自由をいっちょ前に持ち出すんかい?

んで挙句の果てにはアンチ、キチガイ認定ですか。

そりゃねえだろ。

いい年した大人が俺みたいな若造にワーワー言われてもウザったいだけかもしれん。個人ブログなんて所詮一般人の趣味だし、投資は自己責任っていうのもわかる。でもさ、そんなこと続けてたらいつか皆からそっぽ向かれんで?

過ちを認めるって行為は恥ずべきことでも何でも無いんだからさ、もっと素直に正直に生きようや。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを投稿