もはや本!まだ Kindle Paperwhite 持ってないの?

遅ればせながら、私もとうとう Kindle を買いました!

せっかくですので、まだ購入していない人の購買意欲を掻き立てるために、感情もりもりでレビュー記事を書いていこうと思います。



Kindle とは?

まず Kindle を知らない人のために(いないと思いますが)、Kindle を簡単に説明すると、

Kindle とは、Amazon.com が販売する電子書籍リーダー、ならびにコンテンツ配信をはじめとする各種サービスのこと。

つまりデジタルな本のことを指します。

Kindle にはいくつか種類があるんですが、私は Kindle Paperwhite を購入しました。

結論から言うと、買って大満足。めちゃくちゃ良い買い物でしたね。


Kindle のメリット

私が Kindle を買って良かったなと思った点を、良かった順に挙げていきます。

場所を取らない

Kindle を購入しようと思ったきっかけが、増え過ぎた本の整理の為だったんですが、かなりの数を処理できましたね。転職に伴い引っ越しをするので、その前に本棚を圧縮できたのは Good です。

どんな本でも気兼ねなく読める

私の周りだけかもしれませんが、本を読んでると「何読んでるの?」と聞いてくる人が結構います。

最近は投資の本とかビジネス本とかを読むことが増えてきたので、その説明をいちいちするのも面倒で、待ち合わせや周りの状況によっては、本を読まずにスマホを弄ることも増えていました。

ブックカバーを付ければ良いだけの話なのですが、それはそれで相手に屈した気がしてしまってなんか嫌です(笑)

しかし、Kindle を買ってからは「何読んでるの?」と聞かれても、「本」と答えれば会話が終了します。

気兼ねなく本を読めるってめっちゃ快適ですね。

薄くて軽い

Kindle は薄くて軽いです。なので長時間本を読む時も、持ちやすいし、疲れない。

長時間使用しても疲れないというのは、シンプルですが大事なことです。

スマホは本を読むには小さ過ぎますし、タブレットは重すぎますが、Kindle はそこら辺のバランスが素晴らしいです。

紙みたいで読みやすい

ちょっと表現が難しいんですが、Kindle の液晶画面はめちゃくちゃ紙っぽいです。スマホとかタブレットはザ・液晶!って感じなんですが、Kindle はマジで紙です。なので普通に違和感なく読めます。

紙っぽいので、日光下でも問題無く読めますし、目も全然疲れませんでした。

目に優しいスマホって名目で、あの液晶のスマホを開発すれば、一部の人には人気が出ると思うんですがどうでしょう?

ページめくりが楽

Kindle を左手で持つと、親指を少し動かすだけで次のページになります。これめっちゃ楽です。現物だとたまに2ページめくってしまったり、風でパラパラっとめくれてしまったりすることがありますが、それも無くなります。

本がずり落ちない

本って普通に読んでると、どんどん本がずり落ちていって、こんな感じになりません?
Kindle だと、そのわずらわしさから解放されます。まあこれは私だけかもしれませんが(笑)

本が無料になる

プライム会員だと、月に一冊だけ本が無料になります。

更に読み放題のサービスもあります。更に更にお金を払うと読み放題の数がめちゃくちゃ増えます。

と言っても大した本は無いので、そこまで嬉しいサービスでは無いですが、ありがたいサービスはあります。

Kindle 本が多少安い

地味に嬉しいです。

私としては、Kindle 本はただのデータなのだから、もっと安くするべきだと思っているのでこの順位です(笑)


Kindle のデメリット

メリットだけでなくデメリットもしっかり述べていきます。デメリットは嫌な順です。

漫画が読みづらい

ハッキリ言って、Kindle は漫画を読むのには適していません。ちらつきが異様に気になってしまいます。

これは期待していただけに残念でした。慣れれば気にならないのかもしれないですが、私は慣れそうに無いです。

漫画は今のところスマホが一番読みやすいですね。タブレットは漫画を読むにはデカ過ぎます。

語句の参照が多すぎる

Kindle は、ありがたいことに本の中に難しい用語や専門用語が入っていると、アスタリスクと共にマークされて、その語句の説明を見ることが出来ます。

しかし私としては、その数が多すぎてちょっと鬱陶しいです。他人のハイライトも邪魔ですが、こちらは設定で消すことが出来ました。

明るさの自動調節が無い

Kindle Paperwhite はバックライトの調整が手動のみです。電子機器において明るさの自動調整って大事な機能だと思っているんですけど、Paperwhite より上位のモデルには自動調整機能が付いているらしいのでしょうがないですね。

資産3億円になったら最上位モデル買います(笑)

ちらつきがほんの少し気になる

ちらつきは2、3冊くらい読むまでは気になっていましたが、慣れればそこまで気になりません。ただ漫画の方はかなり気になります。

Kindle 未対応の本が意外とある

全ての本が Kindle に対応している訳では無いです。

アマゾンに出品されている本のうち大半が Kindle 本としても出品されていますが、中には現物しか扱っていない場合もあります。

そういう時は Kindle 化されるのを待つか、現物を購入するか、潔く諦めましょう。私は諦めます。


無駄な杞憂や不明な点

私が Kindle を買う際に不安だったけど杞憂だった点や、まだ良いか悪いか不明な点です。

電池持ちは問題無し

一番は電池持ちを心配していたんですが、その心配はするだけ無駄でした。

充電しなくても3日は確実にぶっ通しで読み続けられます。ちょっとスマホも見習ってほしい(無茶)。

容量も問題無し

Kindle Paperwhite には、通常版と漫画版がありますが、その差は容量です。

通常版が4GBなのに対して漫画版は32GBと、その差は8倍もあります。で、私は通常版を買いましたが、結果的に通常版で良かったかなと。

前述したように、Kindle と漫画の相性はそこまで良いと思いませんし、通常版の容量だけでも十分なくらい本を持ち歩けます。

ただ価格差は2000円しか無いので、2000円で容量8倍が魅力的に思うのなら漫画版を買っておくと良いでしょう。

電子書籍は記憶力の定着具合が低いらしい

これはそういう実験データが出たらしいです。一応リンク貼っておきます。

ただ、現物で読んだはずの小学生や中学生の頃の本の内容(ダレンシャンとかデルトラクエストとか)をあまり思い出すことが出来ないので、あんまり気にする必要は無いかなと思っています。


結論

Kindle はもはや本です!

本が好き、本が多くて困っている、周りの目を気にせざるを得ない、そんな人は絶対に買うのをおすすめします!

まずは電子書籍に慣れてみたいという方は、スマホやタブレットの Kindle アプリで試してみると良いです。

最後にアフィ貼っておくんで、この記事を読んで1mmでも購入意欲が掻き立てられた人は、購入お願いします!(笑)

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを投稿