投資をするなら貯金?フルインベストメント?どちらが得するのだろうか?

世の中にはありとあらゆる派閥が存在しますが、その中でも投資は色々な派閥が存在し、日々自分の優位性を保つために言い争っています。短期投資派、長期投資派に始まり、集中投資派や分散投資派。グロース派にバリュー派。個別株派かインデックス派か。

……まるで紛争のようで、挙げればキリがないですね。

今日は数ある派閥の中でも、貯金をするべきか、フルインベストメントするべきか、について書きたいと思います。

ちなみに私はフルインベストメント派です。



貯金は守り

世間一般的には、フルインベストメント派の人は少ないように思います。別に統計を取ったわけでも何でもないので私の勝手なイメージですが。

Twitterでも貯金派の方の意見はちょくちょくタイムラインに流れてきます。


こちらの方は仮想通貨に対する意見のようですが、仮想通貨ではなくても、こういった貯金派の意見を見かけたことがある人はいるでしょう。

「投資よりも先に○か月分の生活費を貯金しよう」とか、「投資は余剰資金で行いましょう」とかそんな感じのやつです。

さて、この意見を間違ってるかと問われると、私は間違っているようには思いません。

何故なら先にある程度の額を貯金しておけば、万が一投資資金が吹っ飛んだ場合に、借金をしないと生活出来ない……といったリスクを回避できるからです。

よってこの貯金派の意見は、ドルコスト平均法と同じくらい広く伝えられている、投資のセオリーと言うか定石のような気がします。貯金という守りを先にガッチリと固めておくことで、後の投資を心置きなく出来るという面でもかなり有効でしょうね。

投資において一番の敵は、不安と言う名の精神的なストレスなので。(私の場合ですがw)


フルインベストメントは攻め

さて、先に貯金してから投資を始めるのは定石だと書きましたが、フルインベストメントは奇手なのでしょうか?

私は決してそうは思いません。何故ならフルインベストメントは、リターンを求めるという点において理にかなっているからです。

当たり前の話ですが、フルインベストメントで投資をした時の損益と、貯金を確保した後に余剰資金で投資を行った時の損益では、フルインベストメントした方が利益が高いです。

1000万円をフルインベストメントして20%の含み益を出した後に、-10%の含み損になった場合は1080万円になります。対して200万円の貯金を確保した後に、800万円の余剰資金で投資を行い、同様の損益だった場合は864万円です。

この16万円の差をどう捉えるかにもよるんですが、私は少しでもリターンを高くしたいので、フルインベストメントが良いと思うわけです。

私としては、投資って結局リターンを求めてやる物だと思っているので、サラリーマンという仕事でがちがちの守りを固めているんだから、投資くらいはガッツリ攻めたいです(笑)


貯金派の反対意見に対して

貯金派の反対意見としてよくあるのが、「万が一の暴落に備えて貯金をしておいた方が良い」という意見です。

まず一言。

暴落がいつ来るかなんて、そうそうわかったものではありません。

一週間後かもしれないし、一か月後かもしれない。はたまた一年後かもしれないし、もっともっと先かもしれません。

そんな不確定な未来を信じて、先程の16万円の差を生み出し続ける方が私は嫌です。まあ言い方を変えれば不確定な未来だからこそ備えておくという考え方もできるんですが。

しかし、そもそも暴落に備えるならば債券や金に投資して、暴落に強いポートフォリオを構築しておけば良いんじゃね?と言うのが私の見解です。私なら暴落に備えて貯金するくらいなら、債券や金に投資しますね。

そして次に多いのが、「急な出費に備えて貯金をしておいた方が良い」という意見です。

これに関しては、必要になったら売ればいいじゃん。としか言いようがないです。

現に私は最近までフルインベストメントしていましたが、学資ローンと言う名の借金の返済のために、ほとんどの株式と仮想通貨を売って現金にしました。

私自身は長期投資派ですし、ガッツリホールドするのが良いと思いますが、急にお金が必要になったら、その都度売ればいいんですよ。

結果的に短期間で売買してしまったとしても、それは短期売買とは言いません。外野の声なんて気にしなくていいです。

フルインベストメント派のくせに、「急な出費が必要になったら売ればいい」だなんて言うと、「ほら見たことか!」と貯金派の人に揚げ足を取られそうですが、私としては貯金し続けるよりもお金が増えたので、やっぱりフルインベストメントの方が良いなと思います。株式投資だけでもプラス2万円位増えました。

流石に食費や今月の光熱費の支払い分くらいは私も残しておきますが、その他は全て投資に回しています。先程の三か月という定義はどこから来たのか知りたい。

なお、ポートフォリオに意図的に現金を加えている人は別ですよ?いわゆる証券口座に残っているキャッシュ部分ですね。私の場合は現金比率は120-年齢分ですが、ここは人によって変わると思います。

しかし貯金派の人は、アセットアロケーションとかポートフォリオとは別に、貯金として取っておけと言っているように聞こえるんですよね。違ったらごめんなさい。

私はフルインベストメントの方が良いと思ってますし、今後もその主張は変わらないと思います。

本田選手もそう言っています。(だから何だw)


まとめ

貯金かフルインベストメントかについては、賛否両論あると思います。

この記事を読んで下さった貯金派の人の反論が、至極真っ当な意見だった場合、私はころっと貯金派に寝返ってしまうかもしれません(笑)

それくらいどちらが良いのかは拮抗しているんじゃないかな~。

ただ、ここを人それぞれで済ませてしまうと、読者の方も困ってしまうと思うので、私は冒頭にも書いた通り、フルインベストメント派です。やっぱり少しでも多くのリターンを求めて行きたい。

貯金派の方の意見も、フルインベストメント派の方の意見も、どちらも参考になると思いますので、ぜひぜひ皆様のコメントをお待ちしております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを投稿