2018年1月総資産 80万円から再スタート

2018年1月末時点の総資産を報告する。

今月の初めに学資ローンという名の借金を返済し終えたので、ここからまた再スタートになる。

とうとうiDeCoとNISAが解禁されたので、強くてニューゲーム状態で頑張っていくぜ!



総資産

現在の総資産は83万円で、先月より84万円も減少。

学資ローンの返済分は約110万円だったが、それよりも減った金額が少ないのは、

新年早々仮想通貨に投資した10万円が倍々で増える
借金の返済のため全て利確する
余ったお金を仮想通貨に再投資する
仮想通貨に暴落が訪れる

といった時系列のため。仮想通貨に救われ仮想通貨に裏切られる。うーんドラマチック。

2018年の一発目からいきなり運用益が-25%と大幅マイナスになっていて、酷い有様だが、長い目で見れば誤差の範囲内に収まるだろう。

本来であれば預金は5%に抑えるべきだが、来月の予定が多く出費がかさみそうなので多めに残している。たまには投資しない月があっても良いだろう。

総資産のグラフは以下の通り。
相変わらず仮想通貨の占める割合が大きいが、勝手に増えていくのでどうしようもない。頻繁にリバランスしていたら手数料が勿体無いし、仮想通貨はまだまだこれからだと思うので、今後は放置する予定。先月の総資産記事では、「仮想通貨は消滅するはず」と書いたがそんなことは無かった。


アセットアロケーション

総資産の投資部分の内訳。

厳選された結果、とうとう保有銘柄は2種類となった。米国株(SPXL)と米国債券(TMF)にしか投資していないので、アセットアロケーションというより、もはやポートフォリオである。

これくらいシンプルなほうが俺には合っていた。

損益(%)を見て面白いなと思ったのが、SPXLが上がっている分、TMFが下がっているところ。投資している身としては、これがずっと続くと笑えないが、株と債券は逆の値動きをする相関関係にあるというのを聞いたことがある。それを体験出来るとは思ってなかった。

米国個別株や新興国、日本株には、余裕が無くなってきたのでしばらく手を出す予定は無い。ロボアドと実験銘柄は借金返済時に全て売却。借金返済の方が優先なのは当たり前だな。

アセットアロケーションのグラフは以下の通り。
理想とするアセットバランスは 株6:債券4 であるが、狙ったわけではなく、たまたまその割合になっていた。俺の投資額は少なすぎるので、200万円くらいまではバランスを気にせず買い足して行っても良いと思っている。自動で買い足してくれるサービスとかないかな?


所感

今月は仮想通貨と米国債券のマイナスが酷かったが、動かざるごと山の如し。特に動じることなく、仮想通貨はこのままホールド、米国債券は米国株と一緒に買い足していく。

つまり、これからは米国株(SPXL)と米国債券(TMF)を買い足すだけの作業となる。

投資特化ブログであれば、特定の銘柄を買い足すだけなんてネタが無さ過ぎてつまらなくなってしまうところだが、生憎このブログは雑記ブログなので、投資以外のネタを書けば良いだけの話。読者の皆様が楽しんで頂けるよう努力する。


まとめ

先月と比較すると、-50%とかなりの損失だが、借金返済が完了した瞬間の資産は30万円だった。そこから考えると今の資産は80万円なので、50万円プラスと考えることも出来る。

と言っても、2018年は500万円まで資産を増やすのが目標なので、精一杯頑張るしかない。ブログの収益はまだ期待出来ないし、毎月の入金だけではどう考えても達成不可能なので、仮想通貨頼りになってしまいそうだが……(笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2 件のコメント

  1. はじめまして、今年から本格的に投資を始めたPと申します。
    SPXL魅力的ですよね。僕もシーゲル流ポートフォリオに加えて、サテライトという名の遊びとしていくらか購入+放置プレーしようと思ってましたが、spxlの驚異的なリターンを考えるとこれコアでいいんじゃね?と思い直しているところです。
    さすがにspxlだけだとコアにできないので、nさんと同じようにtmfも買ってレバレッジドポートフォリオを組む予定です。
    ヘタレなんで、つみたてNISAとiDeCo、シーゲル流ポートフォリオは続ける予定ですが、やっぱ全部レバレッジドポートフォリオがいいかもと悩んだり…。ホントに投資は難しいですね。
    すいません長々と。同じ戦略で闘う仲間を見つけた気分で勝手に舞い上がってます。これからもこちらに訪問させてもらいますので、よろしくお願いします。

    返信削除
    返信
    1. Pさん初めまして。コメントありがとうございます。

      レバETFをコアにしようと思う理由が全く同じで笑ってしまいました(笑)過去のデータだけを考慮すると、レバETFはどうしても魅力的ですよね。

      レバETFの他にも、つみたてNISA、iDeCo、シーゲル流ポートフォリオで運用されているようですが、ヘタレだなんて滅相もないです。

      私もiDeCoと個人年金と貯蓄型の生命保険に加入しています。資産運用というよりも節税目的であること、原則的に60歳まで引き出せないことから、総資産としてカウントするつもりはありませんが。

      逆にそういうガッチリとした保守的な部分があるからこそ、資産運用は思う存分リターンを狙いに行けるという考えです。

      同じ戦略で闘う仲間だなんて言ってもらえて、とても嬉しいです!こちらこそよろしくお願いいたします。

      削除