高配当戦略が人気なのはどうして?

米国株界隈では、高配当戦略に基づいて投資している人が多いです。(体感ねw)

私としては、配当金で課税されたお金を再投資するぐらいなら、初めから無配当の銘柄に投資した方が良いのでは?と思ったので、高配当戦略がなぜ人気なのかを考えてみました。



私も初めは……

実は私も、初めは高配当戦略が最高だと思っていました。

と言うのも、Hiroさんのブログから米国株を知ったこともあり、「配当金ってヤバい!絶対高配当株を買い足していこう!インカムゲインこそ最強や!!」みたいな考えだったんですね。このブログの最初の記事はそんな感じの主張ばかりだと思います。

しかし最近では、無駄に知識を付けてしまったせいか、「配当金って一回課税されるから微妙だよなー」なんて思ってしまいます。これが一時の気の迷いというやつなのでしょうか……。

こんなこと言っておきながら、一年後とか、暴落経験後とかに、コロッと配当株最高!とか言ってたらウケますね(笑)

高配当戦略と言っても、配当金を再投資していない人はナイスだなと思うんですよ。何故なら配当株を完全に不労所得として考えているじゃないですか。やっぱりお金がお金を生むっていうサイクルは幸せなものだと思います。

私が不思議に思うのは、配当金を再投資している人達です。わざわざ課税されたお金を再投資するのってどうなんでしょうね?

完全に私の妄想になりますが、その理由を考えてみました。


理由その1 配当が好きだから

私は結構な数の米国株ブログをウォッチしているのですが、高配当戦略に基づいて投資をしている人達って、基本的に「配当が好き」なんですよね。

好きの理由は各々違うのかもしれませんが、どうしてどうして皆様の中には熱い配当への気持ちがあるんだなというのが伝わってきました。

投資スタイルなんて、人によって合う合わないがあり、好き嫌いみたいなもんですから、ブログを読んでいる私にまで、その愛が届くっていうのはとても素晴らしいことだと思います。

「自分が好きなことはいくらでも努力できる」とか、「好きなことをしている人は努力を努力だと思わない」とか、「夢中が一番強い」みたいなニュアンスのことを聞いたことがありますが、配当が好きなので高配当戦略に基づいて投資している人達は、どんな暴落状況下においても投資を続けられるんだろうなと思います。だって好きなんだもん。

そう考えると、私はもうコロコロコロコロ投資方針が変わっているので、本当に暴落に耐えられるのか不安です(笑)


理由その2 暴落に強いから

私の思い違いかもしれないんですが、高配当株、まあ高配当株じゃなくても配当株っていうのは、値上がりしたら配当利回りが下がって、値下がりしたら配当利回りが上がる、というイメージです。

これがどの配当株にも適用されるのかとか、暴落状況下において、どんどん配当利回り上がったは良いものの、減配してしまったり、倒産してしまった企業もあるかもしれないとか、そういうとこまでは調べたわけでは無いのでわかりません。

ただ、私が今の自分のポートフォリオに基づいて投資を行い続ければ、いざ暴落が起こった時にはどんどん資産が減っていくのを、ただただ見続けなければいけないわけですよ。これって精神的にかなりキツいです。

でも高配当戦略に基づいて投資している人達は、資産は減るものの毎月毎月がっつり配当金がもらえるわけです。それってかなり精神衛生上良さそうですよね。

ここから先は私の思い込みですが、既に暴落を経験した人、あるいは人生において暴落並みに嫌なことがあった人は、高配当戦略を採用するのかもしれません。


理由その3 シーゲル流に魅了されたから

結局のところ、高配当株が好きな人ってみーんな赤本と緑本を読んでるんですよね。

てことは、もう高配当株が好きとか、高配当戦略を採用しているって言ってる人達は、皆シーゲル流に魅了されているわけです。

私は最初に出会った投資本がバフェット本だったこともあり、どうしても複利効果とか、無駄使いせずに再投資する、みたいな部分が頭の中に残っていて、途中で課税されてしまう高配当戦略は、なんか微妙やなと思っちゃうんですよね。

もちろんバフェットが高配当戦略を否定しているとは思っていませんし、無配当株が高配当株を100%を上回っているとも思っていませんが。

まあ私もインデックス投資をしてる時点で、高配当株にも投資しているようなものですから、ある意味シーゲル流ではあるわけです。

赤本や緑本を読みましたけど、過去のデータとはいえ、あれだけ高配当戦略のパフォーマンスの高さを見せつけられたら、高配当の個別株を買いたくなりますよね。

前にフォロワーの方が、「赤本を読んだら個別株買いたくなりますよ」って言った気持ちが分かりますね(笑)


まとめ

私が思うに、高配当戦略と言うのは、過去のデータからパフォーマンスが高いことが証明済みで、暴落時も配当金によって精神的ストレスが和らぎ、そして毎月お金が振り込まれるので不労所得の喜びを味わうことが出来る、みたいな投資法なのかなと。

なので、配当金を再投資しているのは、ただの結果論であって、先に上記のメリットを享受するのが目的なのかなーなんて思いました。

ここに書いてあることだけを見れば、確かに高配当戦略が人気な理由がわかる気がします。なんか書いてたら心が揺らいできました(笑)

でも私が高配当戦略を採用するとしたら、大金を手にした時だと思います。

だから私はレバレッジETFで大金持ちを目指すやで~!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを投稿