コインチェックのハッキング事件で分散投資の大切さを再認識

コインチェックのハッキング事件が話題ですが、今回改めて仮想通貨がどれだけハイリスクなのか、そして分散投資の大切さを再認識しました。

今後も投資を続けていくなら、分散投資の重要性を今一度理解しておくべきです。



コインチェックの利用者はどうなるのか

ニュースにもあるように、1月26日に国内の大手仮想通貨取引所である Coincheck(コインチェック)がハッキングされて、約580億円相当のNEM(ネム)という仮想通貨が盗まれてしまいました。

現在コインチェックは入出金等のサービスを一時停止していますが、これからコインチェックの利用者の資産はどうなるのでしょうか?

NEM以外の仮想通貨の取引を停止したまま、コインチェックが倒産してしまったら、完全に資産を失ってしまったりするのでしょうか。他の仮想通貨の秘密鍵が犯人に知られている可能性があることによる一時停止なので、可能性は低いと思いますが。

NEM損失の補填はどうなるのでしょうかね。可能な限り補填するのか、もうどうしようもないということで泣き寝入りするしかないのか。どちらにせよ全額戻ってくるなんてことは無いでしょう。


よみがえるマウントゴックス事件

NEMに集中投資されていた方は本当に残念だったと思います。

私は仮想通貨に投資をし始めた頃から、少額投資、分散投資、ノーレバレッジ、放置、の4つを言い続けていますが、流石に今回の取引所自体がハッキングされて仮想通貨が盗まれると言うのは、可能性として起こりうるとはいえ、もう無いだろうと油断していました。

マウントゴックス事件が起こったんだから、流石に今の取引所はセキュリティが強化されて、同じ轍は踏まないだろうと高をくくっていた訳ですね。

Twitterのタイムライン上に、「日本人はマウントゴックス事件から何も学んでいない」という鋭すぎる呟きがあるのを発見しましたが、本当にその通りだと思いました。


ハイリスクなものほど分散投資は大事

今回の事件で、改めて分散投資は大切だなということを学びました。

貧乏人こそ集中投資をしろ、一つの籠に卵を盛れという主張をする人がいます。余り揚げ足を取るのは好きでは無いのですが、その結果がこれです。

私はやはり初心者こそ分散投資をすべきだと思います。

仮に集中投資で1億円稼いだとしても、仮想通貨風に言うのならば「億り人」になったとしても、今回のように全てが消えてしまうのであれば意味が無いです。

何より全損と言うのは精神的なダメージが大きすぎます。私が同じ立場だったら確実に投資を辞めてしまうでしょう。

やはり投資というものは、続けてなんぼ、市場に残り続けてこそ意味がある、というのが私の持論です。

市場に残り続けるためにも、分散投資をしておくというのはとても大切なことです。


今回はたまたまNEMが狙われた

今回の被害はたまたまNEMでしたが、他の仮想通貨でも十分同じようなことが起こりえます。

というのも、今回のハッキング事件はNEMに何かしらの欠点があってハッキングされた訳ではなく、取引所側、つまりコインチェックのセキュリティ対策が甘かったゆえに起こった事件だからです。

どれだけセキュリティの高い仮想通貨を開発したとしても、取引所のセキュリティがガバガバだったら結局盗まれてしまうんですよね。

なので仮想通貨に投資するなら、自分で自衛する努力が必要です。


投資は続けてなんぼ

では今回の様な事件がまた起こると考えると、自衛としては何が有効なのでしょうか。

一番の自衛は、仮想通貨への投資を辞めてしまうことですね。

証券会社であれば、株式や債券は証券会社自身の資産とは区別して管理するように金融商品取引法で義務付けられています。

しかし仮想通貨は、まだまだ法整備が整っていない状態です。莫大な利益を得るチャンスがあると同時に、今回のように一瞬でお金を失うリスクがあります。

仮想通貨に投資しているのは馬鹿と初心者と天才しかいないというのはその通りかもしれませんね。

ただ仮想通貨への投資を辞めるだけしか自衛方法が無いというのは、救いが無さ過ぎます。

今私が思いつく自衛手段と言えば、複数の取引所を利用する(取引所の分散)、特定の仮想通貨以外にも投資する(銘柄の分散)、取引所に預けたままではなく自分で管理する(自己管理)、そして最後に失ってもいい金額で投資を行う(少額投資)、の4つです。

わかっている人からしたら当たり前のことなのですが、仮想通貨に投資している人は、こういう当たり前のことを守れていない気がします。なんせ投資の神様であるバフェットを馬鹿にするくらいですからね……。

株や債券、不動産に投資する以上に、仮想通貨に投資するなら、自分自身で自衛する努力を行うべきです。今回の事件に未だに文句を言い続けているだけの人はどうしようもありませんが、そうでない人は今回の事件を糧にしてもう一度やり直しましょう。

先程も言ったように、投資は続けてなんぼですからね。


まとめ

今回コインチェックで損失を出した方は悔しくてしょうがないでしょうが、本来仮想通貨という物はハイリスクなものなので、リターンしか見ていなかった自分が悪いと割り切るしかないです。だってこれ以上コインチェックを叩いたところで、返ってこないものは返ってこないでしょう?

それよりも、これに凝りて投資から足を洗うのか、歯を食いしばって耐えるのかで、これからの本当のリターンを得られるかどうかが決まるのではないでしょうか。

そして歯を食いしばって耐えることを選択したのならば、分散投資をして今後少しでも同じようなミスを犯さないようにすることが大切です。

……なんだか説教臭くなってしまい、申し訳ありません。

同じ仮想通貨に投資する身として、今回被害にあった方が少しでも報われることを祈ります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを投稿