投資初心者必見!手数料負けしない投資額を知って無駄な損を防ごう!

新アセットアロケーションも決まり、NISAも解禁され、いよいよ来年から本格的に私の投資が始まります。

私の場合は、年間の投資資金が月10万円で年120万円の予定なので、ほぼ全てNISAで使用することになりますが、ボーナスや仮想通貨の利益分などは特定口座で追加投資するつもりです。

そこで今日の記事は、投資資金が少ない人が特定口座で株を購入する際に一番気を付けるべき「手数料負け」についてです。

なお本記事が参考になるのは、SBI証券の利用者になります。他の証券会社については手数料のルールが異なると思いますので、各自計算してみて下さい。


国内株式は手数料負けの心配無し

まずは株、ETFを含む国内株式から説明していきます。

SBI証券の国内株式は、スタンダードプランアクティブプランの2通りのプランを選択できて、プランによって手数料が変わってきます。

それぞれわかりやすく説明すると、スタンダードプランは1回の注文ごとに手数料がかかり、アクティブプランは1日の注文の合計額に手数料がかかります。

頻繁に売買しない人はスタンダードプラン、頻繁に売買する人はアクティブプランがおすすめ!というのがSBI証券の言い分でしたが、実際はアクティブプランの方が人気だったように思います。私自身もアクティブプランでした。

何故なら、アクティブプランは1日の注文の合計額が10万円以下の場合、手数料が無料だからです。
よって頻繁に売買しない人でも、少額の投資家ならアクティブプランの方がお得でした。

SBI証券はようやくその矛盾に気付いたのか、最近スタンダードプランの手数料を下げたので、これからはスタンダードプランの利用者が増えていくでしょう。私はアクティブプランからスタンダードプランに戻しました。
さて、国内株式の手数料については以上です。

国内株式は金額によって手数料が段階的に設定されていますし、プランも2通りあるので、デイトレーダーの投資家がスタンダードプランを利用する、みたいな変な使い方をしない限り、手数料負けの心配はしなくてもよいでしょう。

外国株式は手数料負けに気を付けて!

さて、外国株式は国内株式と違い手数料負けに気を付けないと、かなり損をしてしまいます。

SBI証券の海外株の手数料のルールは、以下の通りとなっています。
画像が見えない方のために、きちんとご説明しますね。

まず「約定代金の0.45%が手数料」というのが第一のルールです。これは100ドル分の株を購入したら0.45ドル、10000ドル分の株を購入したら45ドルが手数料になるという事です。

これだけなら、非常にシンプルなルールで手数料負けを心配する必要も無いのですが、SBI証券には「下限5ドル、上限20ドル」という第二のルールが存在します。

つまり先程の場合は、100ドル分の株を購入したら5ドル、10000ドル分の株を購入したら20ドルが手数料になるという事ですね。

100ドル分の株を購入した場合、手数料は約定代金の5%になってしまい、10000ドル分の株を購入した場合、手数料は約定代金の0.002%となります。

これこそがいわゆる「手数料負け」の実態ですね。くぅ~世の中お金持ちに優しいぜ!

しかし嘆いてばかりでは何も解決しませんので、少しでも手数料負けによる損を減らして、なるべく多くのお金を投資資金に回し、お金持ちになれるように頑張りましょう!

手数料負けしないラインを知っておこう

では実際にいくらから手数料負けしなくなるのか計算してみましょう。

購入する金額をaとした場合、
a × 0.45% = 5ドル
で a の金額、つまり手数料負けしない最低ラインがわかります。

超簡単な計算なので、結論を言うと1112ドルです。(厳密には1111ドル111……セント)

そして手数料負けしない最高ラインは、
a × 0.45% = 20ドル
でわかります。こちらは4445ドルです。(厳密には4444ドル444……セント)

これで一回の注文で1112ドルから4445ドルの範囲で購入すれば、手数料負けしないことがわかりました。

1112ドルより少ない金額で購入すると損で、4445ドルより多い金額で購入すると得という事になります。

手数料負けしない最低ラインがわかりましたので、次はドルから円に換算していきます。

現在(2017/12/26 21:30)のドル円レートは、1ドル113.30円です。という事は、
1112 × 113.3 = 125990円
が手数料負けしない日本円ということになります。

ドル円レートにもよりますが、大体12万円くらいと覚えておきましょう。

そしてこの効率は、
4445 × 113.3 = 503619円
まで変わりません。

12万から50万円の間であれば、手数料の損得はあまり考えなくても良いかもしれません。

これから収入が増えていって、毎月の投資資金が60万円とか100万円になり始めたら、手数料がどんどんお得になって行きますので、早くそのレベルになりたいものです。(羨ましい!)

但し、一度に複数の銘柄を購入する場合、例えば4銘柄を12万5000円ずつ購入する場合は、5ドル × 4回で20ドルの手数料がかかってしまうので、1銘柄を50万円分購入する人よりも15ドル分の損になることはご注意ください。

NISAをうまく活用しよう

特定口座では手数料負けに気を付けなければいけませんが、NISAではそんな心配をする必要はありません。

昨日の「あなたが来年選ぶのは「つみたてNISA」ですか?「現行NISA」ですか?私はもちろん……」という記事で紹介したNISAには、利益が非課税になるという強力なメリットがありますが、もう1つ素晴らしいメリットがあります。

なんとNISA口座で海外ETFを購入する際、買付手数料が無料になるんです!(海外個別株は無料にならないので注意)

これって私のような毎月の投資資金が少ない投資家には非常にありがたいメリットです。このメリットをうまく使うことでリバランスも容易になるでしょう。

ちなみに国内株式の場合は、個別株、国内ETF、単元未満株(S株)の買付手数料、売却手数料が無料となりますので、国内株式に投資する際は更に強力になります。

NISA先輩太っ腹すぎやで~。

まとめ

今日の記事では、投資資金が少ない人の最大の敵である手数料負けについて書きました。

国内株式を購入する際は特に気にしなくても良いと思いますが、外国株式を購入する際は約12万円という最低ラインに気をつけて、手数料で損をしないようにしましょう!

なるべく無駄なコストを払わずに、より多くの資金を投資に回すことで、手数料を気にしない人よりも早くお金持ちに近づけるはずです。

塵も積もれば山となるのです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを投稿