株と債券の理想のポートフォリオバランスは?

わたくし最近債券に投資をしようと思っております。

本当は今月のお給料と冬のボーナスで、T(AT&T)やXOM(エクソンモービル)やGE(ゼネラル・エレクトリック)辺りを購入する予定でしたが、債券が魅力的すぎるので、しばらくは債券を購入していく予定です。

その際、株と債券の理想のポートフォリオバランスがわからなかったので、調べてみました。

あ、ちなみに私は債券と言っても米国債券にしか投資するつもりはありませんので悪しからず。



半分論はスタンダード

半分論とは株に50%、債券に50%の割合で投資することです。以下のサイトではこの半分論が「スタンダードタイプ」となっています。

何をもってしてスタンダードなのかは不明ですが、以下の記事でも「王道の基本型」として紹介されていましたので、きっとこの半分論は基本なのでしょう。

過去のデータを見れば、個人的には株式100%が王道の基本型だと思うんですけどね……。まあいいや。


有名な年齢論は理にかなっている

債券について詳しい方は知っていらっしゃると思いますが、株式と債券でポートフォリオを組む場合、100-年齢を株式、残りを債券に投資するのが良いといわれています。

私の場合は25歳なので、株式が75%、債券が25%のポートフォリオを組むということですね。

なぜ若い人の方が株式の割合が高くなるのかというと、年齢が高い人よりも投資期間が長くなるからです。つまり若い人には投資における時間という強力な武器があるわけです。もちろん年齢が高い人には投資資金というもう一つの強力な武器があるんですけどね。

この年齢論は非常に理にかなっていると思います。だって若い時に債券で資産を少しずつ増やして、年を重ねる度に株式に切り替えていく、なんていう投資方法は微妙ですよね……。

ちなみに私は先程説明した半分論よりも年齢論の方がマシかなと思います。


私の考えたバランス案(没)

私は現在日本株、米国株、新興国株、仮想通貨に投資しています。割合的には日本株と米国株と仮想通貨が30%ずつで、新興国株含むその他(ロボアドとか)に残りの10%といった感じです。

この内、仮想通貨と新興国株の合計分と同じ割合を債券に投資すれば、結構バランスが取れて良い感じになるんじゃないかなー? と思いました。

つまり日本株&米国株に50%、新興国株&仮想通貨に25%、米国債券に25%といった感じですね。

ただこの案は、新興国株&仮想通貨のハイリスクハイリターンを、米国債券のローリスクリターンで良い感じにフォロー出来ないかなぁと思って適当に考えだけの案なので、ちゃんとした根拠はありません。よって没案です(笑)


まとめ

とりあえずポートフォリオの25%となるように債券に投資しようかなと思います。暴落に備えるにはもう少し割合を増やしてもいいかもしれません。

あと大事なことなのでもう一度言っておきますが、私が投資するのは米国債券オンリーです。日本の債券に投資しない理由は、日本債券(国債)って貯金と変わんなくないですか? あとETFが無いんですよね。つまり投資信託オンリー。なので信託報酬が高い(笑)

よって債券に投資しようと思った場合、AGGiシェアーズ・コア 米国総合債券市場 ETF)かBNDバンガード・米国トータル債券市場ETF)のどちらかになるのは必然ですよねぇ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを投稿