残業 vs 副業 サラリーマンならどちらがお得なのか徹底比較!

今日は久しぶりに残業したんですが、その時にふと残業と副業ってどっちが良いのかなと思ったので記事にしました。

残業は基本給30万円のサラリーマン、副業はブログで比較しています。株の配当金は残業していてもブログを書いていても貰えるので副業には含めません。税金は面倒なので未考慮とします。

基本給30万円のサラリ―マンの時給は1875円です。残業時は1.25倍の時給になるので、約2350円としましょう。毎日(平日20日間)1時間残業すると仮定した場合、月の残業代は4万7000円です。


残業代をブログで稼ぐのに必要なpv数

残業代4万7000円分をブログで稼ごうと思ったら、どれだけの記事を何時間で書けばいいのでしょうか?

記事数や更新頻度(残業だと20日)、1記事にかかる時間(残業だと1時間)は人それぞれですので、ここではpv数で計算します。

1pv辺りの単価は、以下のサイトを参考にして0.34円としましょう。


残業代を1pvの単価で割れば、残業代分のpv数がわかりますので、
4万7000円 ÷ 0.34円 = 138,235.294……
となり、残業代と同じ額を稼ぐのに必要なpv数は約14万pvということがわかりました。30記事書くなら1記事辺り4700pv必要で、20記事書くなら7000pv必要です。とてつもないですね。

逆に言えば、1日のpv数がこの数字を上回っていて、1記事にかかる時間が1時間程度のブロガーの方は基本給30万円の人と同じ時給という事になります。

基本給が20万円の人や、賃上げ額が少ない人は必要なpv数が下がるので、ブログを始めた方がお得かもしれません。逆に基本給が40万円の人はブログを始めるよりも、素直に残業した方が良いでしょうね。

金銭面で考えると残業の圧勝

実際にブログをやっている人はわかると思うんですが、1年目で月14万pvも見られる人が何人いるでしょうか。

1年目は月1万pvを達成できれば御の字でしょう。なんせ続けられる人自体が少ないですから。2年目から月14万pvを達成出来たとしても、1年目の残業代分を稼がねば差は縮まりません。という事は3年目に月24万pvを達成して、ようやく残業と同等になります。

ここまで続けられるブロガーの人は何人いることやら。ほぼ確実に賃上げがある会社員と違い、ブログは確実にpv数が伸びるとも言い切れません。

金額や安定性で考えると、金銭面では圧倒的に残業の方が優秀です。この残業の優秀さこそが、皆が残業を辞めない理由とも言えます。いわゆる生活残業というやつですね。しかも日本では残業をすると評価が高くなるという魅力的なボーナス付き。日本企業の悪しき風習、悲しい事実です。

利益化に時間がかかる & pv数アップに運の要素が絡んでくるブログと比較すると、金銭面においてその差は歴然です。
では、ブログのメリットって何でしょう?

金銭面の差を補うブログのメリット

ブログは中々芽が出ず、運にも左右されて、結果が出ずとも続ける根気も必要です。しかしブログはそんな不安要素を吹き飛ばすメリットが3つあります。

まず1つ目。ブログをやっていると会社が倒産した時のセーフティネットになりえます。
会社が倒産した時にブログ収入があれば、失業保険以外の収入があり心強いですよね。別の収入源があるというのは精神的余裕にも繋がります。余裕がある人はモテますよ〜♡

次に2つ目。ブログを行うことで、本業以外のスキル・知識・人間関係が手に入ります。
ブログを行うことで、絶対に本業以外のスキルや知識が増えます。なんせブログネタを探すために必死に勉強や情報収集をしますから(笑)

スキルや知識は足し算ではなく、掛け算のようなもので、何か一芸に秀でることも大切ですが、それ以外の芸があれば応用が利きます。

何より自分の人間関係が広がります。他人の考えや意見というのは自分の世界を広げてくれますので、人間関係は積極的に広げるべきだと私は思います。

最後に3つ目。恐らくこれが一番大きなメリットで、ブログは本業で働いている時も収入が発生します。私が記事の初めの方に書いたことを覚えているでしょうか?

株の配当金は残業していてもブログを書いていても貰えるので副業には含めません。

これってブログにも当てはまりませんか? ある程度のレベルまでブログを育て上げれば、後は自分が働いている時にも収入が発生するんです。

つまりブログを運営するということは、自分で自分専用の配当金を作り上げるようなものです。これってかなり凄いことだと思いません?

残業かブログか

最速で結果を出したいなら、たくさん残業して、残業で稼いだ額を投資に回すのが一番早いと思います。これが一番確実に資産が増える方法でしょう。

ブログのメリットに残業以上の価値がある、もしくはいずれブログ収入が残業代を凌駕すると思うならば、残業する時間をブログ運営に回した方が良いです。私はこちらの考えです。

ただやれば結果が出る残業と違い、ブログが花開くかどうかは完全に自分次第なので、何事も続かないタイプの人はよく考えた方が良いかもしれません。途中で辞めてしまったら骨折り損のくたびれ儲けなので。

まとめ

タイトルが残業 vs 副業なのに、中身は残業 vs ブログになってしまいましたが、本質的にはなんら変わりません。ブログの代わりに英語の勉強やお絵かきをして、いずれそれを生かした仕事を始めても良いですし、せどりや転売も究めれば面白いくらい稼げるかもしれません。

ようは今を生きるならば全力で残業。将来を見越すならば副業。これが私の結論です。

そして先のことを考えている私はブログを運営しています。いずれ起業した時にこのブログで宣伝すれば広告費無料ですしね(ゲス顔)

最初の数年間はバリバリ残業して、ある程度の投資資金がたまってからブログ運営を始めるのもありかもしれません。恐らく一番コスパが良いのは、残業でも副業でもなく投資なので(笑)

私も早くお金に働いてもらえるようになりたいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを投稿